2014年12月27日 (土)

衆議院選挙を終えて

衆議院選挙が終わって今年も終わろうとしている。この時期に衆議院選挙を振り返ってみた。

今回で2回目の候補となった。今回は2度目ということもあり手順をふまえながらすすめることができたように思う。それに加えて、共産党の候補者が誇らしく思えるほど、攻勢的にできた。消費税10%増税を中止せよと言える政党であり、尚且つ対案を示しているからだ。基本の政策はここでは置いておくとして、印象深かったのは、学校に通う子ども6人に一人が貧困家庭で苦しんでいることを話したら、じっと聞き入り、私に投票すると言った女性がいたことだ。子どもに貧困を味わわせてはならないという私の思いと通じ合うものがあったのかもしれない。

選挙結果は共産党の躍進が目立ったが、小選挙区での死票を山積みする制度が国民の意思とは別に自民党・公明党の多数になってしまった。投票した人の半数の支持もないのに3分の2もの議席を獲得するのだから。国連から選挙制度の改善勧告を受けるのも無理ないことかもしれない。

2014年12月13日 (土)

最後の訴え

Img_2650

吉岡たかよしは打ち上げ宣伝を地元の鳳で行いました。この間、とても寒かったですが、特に強風を伴う天候であるにも関わらず18名もの参加がありました。みなさん本当にありがとうございました。

最後に、安倍政権の暴走を止められるのは日本共産党だけです。17区ではわたくし、吉岡たかよしだけです。どうか、暴走ストップの仕事をさせてください。よろしくお願いします。頑張ってまいります!

地元・鳳で最後の朝宣

Fullsizerender3

選挙最終日の朝のご挨拶は鳳駅でしました。顔見知りや吉岡塾に通っていた大きくなった子どもとも挨拶を交わせましました。

さあ、音を出しての訴えは最後です。声の限り17区中で訴えてまいります! 

2014年12月12日 (金)

必ず国会へ!

Fullsizerender2

我が地元、鳳駅で1時間の大宣伝をしました。時折降る雨と強風でしたが、ビラの受け取りは良かったです。毎朝、素通りしていた方も受け取る姿を見ました。安倍政権の暴走をストップさせる力はどの政党にあるのか。日本共産党にその力があるということを力いっぱい訴えました!みなさん、近畿ブロックは僅差で決まる大接戦です!『比例4議席以上』を必ず勝ち取らせてください。小選挙区で17区わたくし、吉岡たかよしを必ず国会に送ってください。お知り合いの方にあと3人、4人と広げに広げててください。よろしくお願いします!

日本共産党以外に語れない原発問題

Fullsizerender_2

近畿ブロック比例代表の宮本たけし候補と堺市南区を訴えにまわっています。写真は、槙塚台近商ストア前の様子です。いよいよ明後日に投票日が迫まりました。

Fullsizerender_4

原発問題に至っては、宮本たけし候補が「自民も民主も公明も原発は語れない。民主は『責任ある避難計画』などがあれば再稼働OK、維新の『フェードアウト』とは『いったんは再稼働する』と言っているに等しい。原発再稼働も輸出も反対!直ちに原発ゼロの決断をし、全ての原発を廃炉へ。自然エネルギー・再生可能えねるぎの抜本的な普及で、原発のない日本をつくろう!」と訴えているように自民党政治に対決できる政党がどこなのかが鮮明になってきています。

10689659_1569183366629662_194851674

どの政党
に自分の思いを託せばよいのか迷っておられる方はぜひ、今度は「比例は日本共産党」へ、17区は「吉岡たかよし」へ1票を投じてください。どうぞ、よろしくお願いします。

2014年12月11日 (木)

集団的自衛権NO!のプラスターを見てしばらく動かない小学生



Fullsizerender

雨ですが、後援会の皆さんはとても元気です。私も残り時間で訴えに訴えぬきたいと思います。諏訪ノ森駅は、7時半を過ぎると通学する小学生が増えます。1人や2人ではない小学生が「あなたは大切な人を戦場に送りますか?」と書いた集団的自衛権NO!のプラスターを見てしばらく動かない風景を目にしました。子どもたちは現在の閉塞感、安倍暴走政治の危機感を感覚的に嗅ぎとっています。

これまで私は、小学校の講師、塾の経営、保育園の園長など子どもたちと関わりあいながら生きてきました。遊ぶ・学ぶ・働く、生活の土台にあるのは平和な社会です。国民を危険な戦場に送り込む集団的自衛権は撤回しかありません。その仕事を日本共産党・吉岡たかよしにさせてください。

2014年12月10日 (水)

「12月10日」特定秘密保護法が施行

Photo

おはようございます!今朝は津久野駅からご挨拶しました。
選挙期間中に情勢は大きく変化してきています。安倍自民公明政権の戦争する国づくりをどの政党がストップ出来るのか?民主?いやいや自民と一緒に悪政を推進してきた党です。維新?いえいえ安倍政権をささえ、引っ張る役目をはたしているのが彼らの正体です。安倍政権に正面から対決してきたのは日本共産党だけです。日本共産党が勝てば政治をおおもとから大転換できます。ぜひ、比例代表は日本共産党、17区は吉岡たかよしに皆さんの1票を託してください。

「12月10日」特定秘密保護法が施行されます。しかし、法が成立していても国民が納得いかないと反対の声を大きく広げれば、実行は実阻止できます。写真は「握手はしないが、秘密保護法が怖い。何とかして」と真剣に訴えてこられた方です。国民を不安に陥れる法など廃止するしかありません。

2014年12月 9日 (火)

激励で始まり激励で終わった

10419527_399279543564203_2227033564

コーナン鳳店前にて訴えました。訴える前から「頑張ってや」と激励を受けました。訴えが終わってからも「ほんまに頑張ってや。ずっと応援してんねんで〜」とご夫婦が激励をしてくれました。激励で始まり激励で終わった場所でした。本当にありがとうございます!

今日から後援会の方々が同行して候補者カーの音が届く範囲で配布できる私の個人ビラを配ってくれています。企業団体献金や政党助成金など受け取らなくても国民に支持され国民に依拠して運動すれば政党運営は成り立ちます。これこそ民主主義国家での政党の在り方ではないでしょうか。

10457481_399279560230868_7692094089


2014年12月 8日 (月)

躊躇・激励の握手

10416647_399219300236894_8014450472

投稿遅れました。昨日の写真です。

ある場所で若い女性が私の訴えを最後まで聞いていました。演説後に駆け寄り握手を求めると「う〜ん、どうしよっかな〜」しばらく躊躇してから「やっぱり、あなたに入れます!」と言って下さいました。理由を聞くと、子どもの貧困に対しての訴えが納得できたとのことでした。加えて現状はもっと酷いとおっしゃっていました。深刻です。

夕方は、栂・美木多駅での訴え。突如、体格の良い男性が歩み寄ってきて「何だろ?」と思っていると握手を求められ「今、入れてきました!頑張ってください!」と嬉しい激励!俄然、元気が出たことは言うまでもありません!今日も元気に頑張ります!!!
 

2014年12月 7日 (日)

吉岡たかよし個人演説会@西区

本日、私の地元である鳳の野田会館で吉岡たかよし個人演説会を開かせていただきました。4人の応援弁士、中小業者の営業を守ために共に活動してきた堺南民商事務局の林俊一さん、堺総合法律事務所・弁護士の平山正和さん、耳原鳳クリニック所長の池田信明さん、日本共産党堺市会議員のくりこま栄一さんがそれぞれの立場から安倍政権を批判・日本共産党の躍進・吉岡たかよしの押し上げを訴えて下さいました。ありがとうございました!

私、吉岡たかよしからは、日本共産党が歪んだ政治を根本から大転換する「5つの転換」消費税・アベノミクス・集団的自衛権・原発・沖縄米軍新基地の問題をお話させていただきました。のこり7日間、全力で頑張ります!!!
 

10846020_398401406985350_7896777127
わたくし、吉岡たかよし


10801503_398401440318680_5947661358
くりこま栄一堺市会議員


10458628_398401566985334_6208056419
堺総合法律事務所・弁護士の平山正和さん


10303960_398401530318671_4410973077
耳原鳳クリニック所長の池田信明さん


10855086_398401586985332_22975943_2
堺南民商事務局の林俊一さん

«吉岡たかよし個人演説会@中区

無料ブログはココログ